高血圧症治療薬@通販

高血圧症治療薬@通販では、血圧のコントロールに高い効果を発揮する病院処方の医薬品をネット通販することが可能です。ご利用中の高血圧症治療薬と同じお薬、または同一成分のジェネリック医薬品を、ぜひお探しくださいませ。

ペリンドプリルエルブミン
11件の商品がございます
表示件数
並び替え

ペリンドプリルエルブミン

ペリンドプリルエルブミンはACE阻害薬と呼ばれる血圧降下剤で、ACE(アンジオテンシン変換酵素)を阻害して血圧を上昇させる体内物質(アンジオテンシンII)が作られないようにする働きがあります。
アンジオテンシン(ホルモン)は、心臓の収縮力を強め、血管を縮めることで心臓の血液量を増やします。
しかし逆に縮まった血管へ血液を送るためには、心臓の力がさらに必要となります。
アンジオテンシンは血管を縮めるので、アンジオテンシンの働きを阻害すれば、血管を広げることが出来て、血管が広がれば血圧は下がり、心臓の負担も軽減されます。
ペリンドプリルエルブミンは、長期臨床試験により安全性も証明されており、高血圧治療の第一選択薬となっています。
しかし、血管に作用する薬ですから、脳卒中や血管浮腫を起こしたことのある人、妊娠中は使用できません。

ペリンドプリルエルブミンは高血圧治療の第一選択薬

健康であることを示す指標というのは現代では数多くありますが、その中でも最も重要な指標の一つが血圧になります。
血圧値が高い症状を高血圧症と呼びますが、高血圧症は心不全などの心臓病を引き起こす原因と考えられていますし、腎硬化症や糖尿病腎症といった腎臓系の病気を引き起こす原因にもなるので血圧が高い場合には速やかに改善を図る必要があるのです。
高血圧症を改善する薬として代表的なものがペリンドプリルエルブミンという薬であり、血圧を上昇させる原因と考えられている「アンジオテンシンII」という物質の体内生成を抑える働きがあります。
ペリンドプリルエルブミンは高い効果があることが認められていますし、尿酸や脂質などにも影響がないため幅広い年代の人が使うことができるのです。

ペリンドプリルエルブミンはACE阻害薬

心不全では、アンジオテンシンが活発化して、全身の血管を縮めることで心臓の血液量を増やします。
しかし、縮まった血管へ血液を送るためには、さらに心臓の負担が大きくなります。
ACE阻害薬は、アンジオテンシンの過剰な活動を抑えて血管を広げるので、血圧が下がり、心臓への負担を軽くする働きがあります。
ペリンドプリルエルブミンはACE阻害薬で、効き目が良く、尚且つ安全性が高いので、心不全など高血圧の治療に用いられます。
ペリンドプリルエルブミンは、アンジオテンシンを抑えることで、血管が広がり血圧を下げるので、別の高血圧薬を飲んでいる方は、血圧の下がり過ぎに注意が必要です。
また、ACE阻害薬はキニナーゼを阻害するため、組織でのブラジキニンが上昇して血管透過性亢進を引き起こし浮腫が発症するので、血管性浮腫を起こしたことのある人はペリンドプリルエルブミンなどACE阻害薬の使用はできません。

ACE阻害薬は認知症にも効果あり

ACEはアンジオテンシン変換酵素という酵素のことです。
アンジオテンシンIという物質をアンジオテンシンIIに変える働きがあります。
そしてACEの働きによって生成されるアンジオテンシンIIには血圧を上げる作用があります。
そのためACEの働きを阻害すれば血圧を下げることができるようになります。
また血圧を下げる物質にブラジキニンがありますが、ACEの働きを阻害すればブラジキニンが分解されなくなります。
そのため心不全と腎不全の治療に効果があるとされてきました。
ところが、ACE阻害薬は認知症にも効果があることが研究の結果わかりました。
ACE阻害薬がどのようなメカニズムでアルツハイマー病などの発症を抑えるのか、まだ詳しいことはわかっていませんが、今後の研究次第では認知症を患っている高血圧症患者に積極的に選択される薬となるかもしれません。

妊婦には禁忌ペリンドプリルエルブミン

ペリンドプリルエルブミンは、血管を収縮させる働きがあるアンジオテンシンIIを生成するために必要なアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害することで、血管を拡張させると共に血圧を下げる薬です。
主に高血圧症の治療に対して用いられます。
ペリンドプリルエルブミンには副作用があり、血管浮腫や急性腎不全、高カリウム血症がおきることがあります。
また妊婦や妊娠している可能性のある女性への投与は禁忌とされています。
国内において妊婦へ投与したことが原因で、羊水過少症や高カリウム血症のリスクが高くなったり、これが原因となって胎児が死亡したり、新生児に悪影響が発現したなども症例が報告されているからです。
また、海外の調査では、胎児奇形の相対リスクがペリンドプリルエルブミンを投与されていない患者群に比べ高かったという調査報告もあります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県